FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ナルゲンボトル

帰国しましたが日本はヤッパリ寒いですね。南極は絶対的な寒さ、日本は複雑な寒さです。ところで水筒の話です。私は山ではテルモスは使いません。重いからです。容量も少ないし。一番の理由は湯たんぽにならないからですかねぇ。欧米人も日本人みたいにテルモス至上主義ではありませんね。軽量が安全につながると考えているからなのかどうかはわかりませんが。で、写真の水筒を見てください。ナルゲンボトルをキャンプ用ウレタンマットとダクトテープで武装しました。湯たんぽも適温になり、ビンソン登頂時も中身が凍りません。今年のビンソンは暖かく、山頂でもマイナス30℃くらいでしたけれど。難点はかさばることですか。まあ、ビンソンはそんなに荷物が多くありませんから。因みにピーボトルはやはりナルゲンのペラペラ3リットルものですね。2日間の猛烈なブリザードでもテントから出ないですみます。これも寝袋に入れておけば凍ることはありません。満タン近くなってくるとその暖かさは幸福とさえいえます。くれぐれも口の小さいものは選ばないように。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。