上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ミスホーリー再び

毎度の行事ですがホーリー嬢と再会しました。初めて会ったのが1983年のガウリシャンカール西壁のときですからかなり長い付き合いになります。当時の容姿がどうだったかはもうまったく覚えていません。が、何度も言うようですが彼女の頭は鋭いの一語に尽きます。ちゃんと行動記録を確認したにもかかわらず、細かい点を突いてきます。インドネシア隊リーダーのアルデシールも居合わせてくれたのでまあちゃんとした報告ができました。今年のネパール側はかなり状態が悪かったので、中国側からはどうかとたずねると、やはり政治的な問題や中国隊優先の事情を指摘してきました。われわれの隊が中国人とキャンプをシェアし、中国隊員が一名死亡した話をすると、中国隊とキャンプを共にするなど論外だとでも言うように機関銃のように中国の悪口を言い始めたのでありました。よほど印象がよくないらしい。まあ、われわれの何百倍もの遠征隊を見たり聞いたりしてきたホーリー嬢のことですからいろいろなことを知っているのでしょう。念のために言っておきますが、3年前にエベレストに一緒に登頂した中国人女性のジンジャーは今回の中国人とは違い、常識ある女性でありました。色々な中国人がいるのですね。今回は貧乏くじを引いてしまっただけだといいのですが。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。